エンディングノートのダウンロードが出来ます♪

あなただけのオリジナルエンディングノートを作成しませんか?
分冊版(財産編・わたしのこと編)で分けて保存が可能。
もしものために、家族の安心のために、ご利用ください!

詳細はこちら

【他人事ではない】遺言作成者は年々増加中です

◆カミツレ終活講座

遺言を作成するということに抵抗を感じますか?

自分の死んだ後の事なんて家族に任せたい…

そんな事考えたくない…

ご両親の相続を考えるためにご相談にいらっしゃる方も、

上記のように後ろ向きに捉えがちなご両親が多い印象です。

では、実際に遺言を作成する人はどれくらいいるのか見てみましょう。


実はここ十年ほどで、遺言を作成する人は約1.5倍に増加しています。

しかも、これは公正証書遺言という、公証役場で作成するもののみの数値です。

自筆証書遺言の作成件数は統計データがないのでわからないものの、

自筆証書遺言で手続きする際に必要となる家庭裁判所での「検認」の件数が

平成30年の時点で年間1万7,000件ほどあります。(司法統計より)

ですので、遺言を書かれた経験がある方はもう少し統計上の数字より多いと思われます。

また、自筆証書遺言の保管制度が本年の2020年からスタートし、

遺言作成の敷居が少し低くなったのではないかと実感しています。

自筆証書遺言書保管制度が始まっています
自筆証書遺言の保管制度が2020年7月10日から始まっています。 保管の流れ 簡単に流れをお伝えします。詳しくは法務省のサイトをご覧ください。 ①遺言書を作成する 通常の自筆証書遺言と異なり、余白を定めて記述する必要があります。詳し...

そのため、今後も遺言を残される方は増加していくのではないでしょうか。

いつなにが起こるかわからない時代に、ご家族を安心させるためにも

あなたも遺言を残してみてはいかがでしょうか。

エンディングノート&終活が学べるE-bookがダウンロードできます♪

 
excelで作成できるエンディングノートをご用意しました。

印刷してから手書きしても良し、入力してから印刷しても良し。

また、終活が学べるE-bookもセットでプレゼント♪

終活を学んで、あなただけのエンディングノートを作成してみてください。

ダウンロードはこちら

書いている人の紹介
naoyo

家族への想いを「遺言」や「エンディングノート」でカタチにするお手伝いをしています。東京都渋谷区代々木の30代女性行政書士です。
ブログでは業務関連のマジメな話から、全く関係ないゆるーい話まで。webに関しては素人ですが、ホームページもブログも自分で調べながら設定するのが好きで、失敗しつつもコツコツやっているのでその話も書いています。

naoyoをフォローする
◆カミツレ終活講座 ◇遺言を学ぶ/作成する
カモミールレター