エンディングノートのダウンロードが出来ます♪

あなただけのオリジナルエンディングノートを作成しませんか?
分冊版(財産編・わたしのこと編)で分けて保存が可能。
もしものために、家族の安心のために、ご利用ください!

詳細はこちら

【おひとりさま】人生の終幕、頼れる人をみつけておく【終活】

◇終活を知る/考える

「おひとりさま」は独身の方だけの話ではありません。

ご結婚されていてもお子さんがいない方は夫婦のどちらかが亡くなれば「おひとりさま」。

お子さんがいたとしても疎遠になっていたら「おひとりさま」に近い場合もあります。

どんな「おひとりさま」であっても、頼れる先を複数持っておくことが安心のひとつに繋がります

今回はいざというときに覚えておいた方が良い支援機関などをご紹介します。

早めのうちから繋がりを持っておくことも、孤独を避けるためにもおすすめします。

普段の生活の支援者

親戚・友人・知人

「おひとりさま」といっても、家族のように仲の良い親戚や友人・知人がいる場合、事前に何かがあったときのことを伝えておくことが必要です。

社会福祉協議会

社会福祉協議会は障害者高齢者に向けて様々な取り組みをしています。

おひとりさまの見守りサービスや成年後見制度の活用も積極的に行っているため、

一度住んでいる近くの福祉協議会を調べてみると良いでしょう。

地域包括支援センター

地域包括支援センターは、地域で暮らす高齢者の総合相談窓口のようなものです。介護に関する悩みが生じた際には社会福祉協議会と共に覚えておいておいて欲しい支援施設のひとつです。

財産管理・手続きに関する支援者

金融機関

各銀行も最近では相続に力を入れている所が多いです。

普段から利用している金融機関があれば相談してみるのもひとつ。]

資産運用」をメインに考えるのであれば〇。

ただし、金融商品(投資など)に興味がないのであれば下記に記載している士業にご相談することをおすすめします。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーの活用をするのなら、早め・早めに相談するのがおすすめです。

ファイナンシャルプランナーは自分自身のライフスタイルに合わせて、

将来いくら貯金が必要なのか、今の収入から毎月・毎年いくらくらい貯めれば良いか

などのシュミレーションをしてくれます。

お金に関することなので人に相談するのは少しハードルが高いように感じますが

信頼できるファイナンシャルプランナーをみつけて相談してみるのが良いです。

士業

弁護士・司法書士・税理士・行政書士…。

「士」が付く職業がたくさんいて、普段関わりのない方にとっては

誰に相談すれば良いのかわかりづらいかもしれません。

詳しい分類は省略しますが、とりあえず「相続」や「遺言」の仕事をしている

「士」が付く人へ相談してみると、状況次第で専門の「士業」へ案内してくれるケースが多いはず、

だと覚えておきましょう。

金額も異なれば出来る業務範囲も異なるのでご本人の資産状況によりケースバイケースなのです。

また、士業の分類を問わず、やってくれる範囲も異なります。

法定相続人がいない場合などには「死後事務委任」が必要なケースもあります。そういった手続きまで対応してくれるのかも確認しておきましょう。

まとめ

今回出てきた支援機関のほとんどが、「普段から利用している!」という人の方が少ないかもしれません。

自治体ならともかく士業なんて知り合いもいないといきなり相談するのは

ちょっと勇気がいるかもしれません。

そんな場合には複数人に会ってみて(無料で相談出来る所もたくさんあります)相性の良い人・良い支援機関に巡り合っておくのが良いでしょう。

大事なのは、早めに考えておくことです。

あなた自身が人生の終幕にどうしたいのか?ぜひ、考えてみてください。

エンディングノート&終活が学べるE-bookがダウンロードできます♪

 
excelで作成できるエンディングノートをご用意しました。

印刷してから手書きしても良し、入力してから印刷しても良し。

また、終活が学べるE-bookもセットでプレゼント♪

終活を学んで、あなただけのエンディングノートを作成してみてください。

ダウンロードはこちら

書いている人の紹介
naoyo

家族への想いを「遺言」や「エンディングノート」でカタチにするお手伝いをしています。東京都渋谷区代々木の30代女性行政書士です。
ブログでは業務関連のマジメな話から、全く関係ないゆるーい話まで。webに関しては素人ですが、ホームページもブログも自分で調べながら設定するのが好きで、失敗しつつもコツコツやっているのでその話も書いています。

naoyoをフォローする
◇終活を知る/考える ◆カミツレ終活講座
カモミールレター