エンディングノートのダウンロードが出来ます♪

あなただけのオリジナルエンディングノートを作成しませんか?
分冊版(財産編・わたしのこと編)で分けて保存が可能。
もしものために、家族の安心のために、ご利用ください!

詳細はこちら

終活をする意味を考える

終活ってする意味ある?

終活をする意味。それは、家族や周りに迷惑をかけないためであったり、自分の将来のためであったりもします。

【終活はココから】終活を始めるときに考えること
ご自身のために、家族のために、また、より良い将来を生きるためにも、終活を始めてみることをおすすめします。

財産がある著名人や芸能人だけやればいいなんて事は全くなくて、どんな人でも、小さなことからコツコツと終活ということを行ってみてはいかがでしょうか

自分のために始めて、家族へつなぐ

【過去】自分の人生を振り返る

  • 自分史をしたためる

人生100年時代と言われています。これまでの自分の人生について振り返って自分史として残します。何十年と生きてきて、辛いことも、幸せなこともたくさんあったはず。振り返ることで、新しい発見や自分を見つめる良い機会になります。

終活で自分史を作成するには。書き方のコツをご紹介
楽しみながら、自分のこれまでを振り返って自分史を作成してみませんか?自分史の書き方のコツ、過去を思い出すコツなどをご紹介します。
  • 更に家系図を作成してみる

自分の振り返りが出来たら、次は自分が生まれる前。ご先祖様について調べてみる機会はなかなかないのではないでしょうか。親から話だけは聞いたことがあるけど実際のところちゃんと調べたことがない、なんて時は家系図を作成してみるのもおすすめです。ご先祖様がいたからこそ、自分がこの世に生まれてきたのですから。

我が家の家系を知るには?
戸籍を調べるとご先祖様を知るいい機会です。エンディングノートに家系図として残してみることを提案します。
過去を振り返って、自分を見つめる=新しい発見も?!

【現在】今の自分の気持ちを表現する

  • 家族や知人へ感謝の気持ちを残して家族の思い出に

普段面と向かって感謝の気持ちを伝えるのって難しいですよね。エンディングノートに想いを込めて伝えてみましょう。

感謝の気持ちを伝えるために…遺言書を作成しませんか?
家族へのメッセージを遺言書の「付言事項」に書いて、家族へ感謝の気持ちを伝えてみませんか。

【未来】将来を安心して過ごす

  • 老後のこと

自分が認知症になったら自分の考え方・思っていることを伝えるのは難しくなってしまうかもしれません。介護の希望最期の迎え方などをエンディングノートに残すことで、将来の不安を少しでも少なくしていきましょう。

ご両親の老後のこと。認知症になる前にエンディングノートで対策を
日本人の5人に1人が認知症、介護が必要になった際にやって欲しいことをエンディングノートに書いてみては。
  • 自分が亡くなった後

エンディングノートが残っていれば葬儀の希望が家族に伝わりますし、生前整理をやっていれば、遠方の家族でも片づけの負担は最小限で済みます。

将来のことをある程度決めておくことで、自分も家族も安心

 

エンディングノート&終活が学べるE-bookがダウンロードできます♪

 
excelで作成できるエンディングノートをご用意しました。

印刷してから手書きしても良し、入力してから印刷しても良し。

また、終活が学べるE-bookもセットでプレゼント♪

終活を学んで、あなただけのエンディングノートを作成してみてください。

ダウンロードはこちら

書いている人の紹介
naoyo

家族への想いを「遺言」や「エンディングノート」でカタチにするお手伝いをしています。東京都渋谷区代々木の30代女性行政書士です。
ブログでは業務関連のマジメな話から、全く関係ないゆるーい話まで。webに関しては素人ですが、ホームページもブログも自分で調べながら設定するのが好きで、失敗しつつもコツコツやっているのでその話も書いています。

naoyoをフォローする
◇終活を知る/考える ◆カミツレ終活講座
カモミールレター