エンディングノートのダウンロードが出来ます♪

あなただけのオリジナルエンディングノートを作成しませんか?
分冊版(財産編・わたしのこと編)で分けて保存が可能。
もしものために、家族の安心のために、ご利用ください!

詳細はこちら

あなたのデジタルデータ、もしものときはどうする?【デジタル遺品】

◇終活を知る/考える

インターネットの普及により、様々なデジタルデータが存在するようになりました。

もしかしたら、家族に見られたら困るようなデータもたくさんあるかもしれません?!

でも、中には家族に伝えておいた方が良い大切なデータも存在します。

今から対策しておきたい「デジタル遺品」の整理についてのお話です。

そもそも、デジタル遺品とは

  • パソコンや携帯・スマートフォン媒体内のデータ
  • Facebook、Twitter、Instagram等のSNSアカウント
  • クラウドストレージ内のデータ
  • ネットバンキング、インターネット証券の口座
  • インターネットショッピング、サブスクリプション(定額制サービス)のアカウント

これ以外にも様々な種類があります。このようなデジタル情報を「デジタル遺品」といいます。

何が大変?デジタル遺品に関する遺族の負担

遺族側にとっては、まずそもそもパソコンやスマホのIDやパスワードがわからない場合、中が見られないという問題が生じる可能性があります。

すると、たとえば

葬儀に呼ぶべき人の連絡先がわからない(スマホ内の連絡先が知りたいのに…)

・月額で支払っているものがあっても遺族が気づかず、亡くなった後も支払い続けてしまった

・ネット銀行の存在を知らずに相続手続きを進め、後日発覚してやり直さなければならなくなった
(※遺産分割協議書の書き方にもよります。)

ネット銀行などに口座があっても遺族が気づかない場合には、その遺産は永遠にそのままという可能性もあります。(ただし故人にローン等の負債があれば金融機関からの督促により知りえることがあります)

本人が日頃からやっておくべきこと

家族に残すべきものはエンディングノートへ

残された遺族の方が困らないように、これらの情報を記載できるエンディングノートを用意しましょう。

  • 使用しているSNSの情報
  • ネットバンキングなどの口座情報
  • 月額で支払っているデジタル関連のサービス(サブスクリプション)

この辺りの情報を一覧にして残します。

※ネットバンキングの口座情報と、アカウントやID・パスワードは別紙で別のところへ保管することをお勧めします。

また、大切な友人や仕事関係の方など、葬儀に呼んで欲しい人がいるのであれば、それもメモを残しておきましょう。

 

どうしても見られたくないものの処理

パソコン内のデータはとにかく見られたくない!

ブックマークも、フォルダ内のデータも、家族には絶対に知られたくない!という方。

(あえて具体例は書きませんが、見られるとまずい”やばい”データをお持ちの方)

まずは、エンディングノートに処分方法を残しておきます。

・パソコンは、中身を見ないでデータを消してください。

・パソコン内の写真は保存してください。(見ても大丈夫です。)

など、ご自身の希望を書いて残しておきましょう。

見ないでと言われると余計に見たくなるタイプのご家族がいる場合には、信頼できる人や処分業者などを見つけておきましょう。

たとえ見られたくないフォルダをパソコン内の奥の奥に隠しておいた(つもりだ)としても、感の良い人にはわかりますし、パソコンにパスワードを設定していたとしてもデジタル遺品の業者にお願いすればロックの解除は可能です。

日頃からその辺りを意識して、デジタルデータを使用するのが良いのかもしれません。

特に大事!定期的な「書き直し」

銀行の口座や不動産は何年経っても頻繁に変わる方は少ないと思います。

しかし、デジタル遺品に関しては1年間の間にも変わる可能性が高いものが多いです。

デジタル遺品に関してだけでも、定期的に一覧表を書き直しすることも習慣にしてみてください。

 

弊所でダウンロードできるエンディングノートにはデジタル遺品についても記入できます

下からダウンロードして、ぜひ活用してくださいね。

エンディングノート&終活が学べるE-bookがダウンロードできます♪

  
excelで作成できるエンディングノートをご用意しました。

印刷してから手書きしても良し、入力してから印刷しても良し。

また、終活が学べるE-bookもセットでプレゼント♪

終活を学んで、あなただけのエンディングノートを作成してみてください。

ダウンロードはこちら

書いている人の紹介
naoyo

家族への想いを「遺言」や「エンディングノート」でカタチにするお手伝いをしています。東京都渋谷区代々木の30代女性行政書士です。
ブログでは業務関連のマジメな話から、全く関係ないゆるーい話まで。webに関しては素人ですが、ホームページもブログも自分で調べながら設定するのが好きで、失敗しつつもコツコツやっているのでその話も書いています。

naoyoをフォローする
◇終活を知る/考える ◆カミツレ終活講座
カモミールレター