エンディングノートのダウンロードが出来ます♪

あなただけのオリジナルエンディングノートを作成しませんか?
分冊版(財産編・わたしのこと編)で分けて保存が可能。
もしものために、家族の安心のために、ご利用ください!

詳細はこちら

時代によって変わっていく「思い出」の残し方

◇考え・日々の出来事

数日前だったか、故人とのライントーク履歴が消えてしまったという話が話題になっていました。

ショックだっただろうな~。

その後復活できたのかどうかわかりませんが、出来ていればいいなぁと影ながら思っておりました。

 

かく言う私も、父が私の携帯に入れた留守電を携帯にずっと残しています。

もはやだいぶ昔の携帯なので電源が入るのかどうかはわかりませんが…。

というか、データを残してても亡くなってからほとんど再生していなかったので

そこに思い出が残っているという事実が大切だったのかもしれません。

それを考えると消えてしまったのは辛いなぁ。

でも画面では見れなくてもきっと心の中にはたくさんの思い出が残っているはず。

当時(15,6年前)はラインもなければメールのやりとりもしていなかったので

時代が変われば残しておきたいやり取りの形が変わるんだなぁと考えさせられました。

そして、何気ない日常のやりとりが、かけがえのない思い出になるんだなぁと。

大切なやり取りはバックアップを定期的にしておく

覚えておきたいですね。

エンディングノート&終活が学べるE-bookがダウンロードできます♪

 
excelで作成できるエンディングノートをご用意しました。

印刷してから手書きしても良し、入力してから印刷しても良し。

また、終活が学べるE-bookもセットでプレゼント♪

終活を学んで、あなただけのエンディングノートを作成してみてください。

ダウンロードはこちら

書いている人の紹介
naoyo

家族への想いを「遺言」や「エンディングノート」でカタチにするお手伝いをしています。東京都渋谷区代々木の30代女性行政書士です。
ブログでは業務関連のマジメな話から、全く関係ないゆるーい話まで。webに関しては素人ですが、ホームページもブログも自分で調べながら設定するのが好きで、失敗しつつもコツコツやっているのでその話も書いています。

naoyoをフォローする
◇考え・日々の出来事 ◆自営業者のひとりごと
カモミールレター