「エンディングノート作成への招待」無料プレゼント
【セミナー開催!】3歩早めにスタート!親の介護とお金&エンディングノート講座

いつかは向かえるかもしれない親の介護問題。

その「いつか」を迎える前に、ご自身が出来る対策について今から一度考えてみませんか?

【日程】
2020年3月28日(土)13:00~15:00

詳細はこちら

実はたくさんある「遺言の日」と、「遺言」の読み方

◆カミツレ終活講座

「遺言の日」という言葉を目にしたので、調べてみたところ、

4月15日、11月15日、1月5日も遺言の日!

弁護士会などの色々な団体・企業が語呂合わせで決めたようですね。

3日とも、「」と「」が入るのは共通です。

ところで「遺言」という言葉、なんと読んでいるでしょうか?

ゆいごん
いごん

どちらも間違っていません。

私はなるべく「ゆいごん」と言っていますが「いごん」と言ってしまう場合も。

法学部出身者や専門職は「いごん」と教わるので「いごん」と言いますが、一般的には「ゆいごん」の方がわかりますよね。

「1」と「5」の語呂合わせは「いごん」と読む前提ですね。

「ゆいごん」だとうまい語呂がないというのが一番の理由だと思います。

1年に3日も「遺言の日」があるので、その日に合わせて遺言を作成してみてはいかがでしょうか?

 

遺言書作成でお困りではありませんか?

カモミール行政書士事務所では、遺言書の種類のご提案から完成までお手伝いをしています。

大切なご家族へ、あなたの「お気持ち」を残しませんか?

  • 遺言書の種類の検討
  • 中身の検討
  • 公証役場との調整

など、ご本人様は想いをお話してくださるだけで、面倒なことはこちらでお手伝いさせていただきます。

遺言書作成サポートを詳しくみる

書いている人の紹介
naoyo

家族への想いを「遺言」や「エンディングノート」でカタチにするお手伝いをしています。東京都渋谷区代々木の30代女性行政書士です。
ブログでは業務関連のマジメな話から、全く関係ないゆるーい話まで。webに関しては素人ですが、ホームページもブログも自分で調べながら設定するのが好きで、失敗しつつもコツコツやっているのでその話も書いています。

naoyoをフォローする
◆カミツレ終活講座 ◇遺言を学ぶ/作成する
カモミールレター