「エンディングノート作成への招待」無料プレゼント

融資、補助金、助成金の違いと使いこなし方

◆業務関連の情報

今回は資金調達について

開業前の方は開業資金に関してはお悩みの一つかと思います。

まずは、自己資金がどれくらいあるのか。

始める業種にもよりますが、ご自身が始める業界・業種を検索してみると

ある程度の金額がわかると思います。

そうすると、自己資金だけでは足りない場合が出てきますね。

また、ある程度事業が軌道に乗った方でも事業拡大や人材雇用時など

ある程度の資金が必要となってくる機会があるかと思います。

そんな時に考えるのが、融資、補助金、助成金です。

(他にも資金調達方法として、クラウドファンディングなどがありますが今回は触れません。)

では、融資、補助金、助成金はそれぞれどう使いこなせばよいのか?

今回は簡単に概要を説明いたします。

創業融資

ご存知の通り、返済の必要がある資金です。

創業融資を受ける際に最も重要なのは事業計画書です。

通常の融資(事業開始後)の場合は決算書などで判断されますが

創業時の場合はもちろん決算資料がまだありませんよね。

判断材料となるのは、

  • その事業の経験
  • 人脈
  • 計画性(収支計画)
  • 自己資金

などです。

この辺りをしっかり事業計画書に反映していきます。

この「借金」というものに大きな抵抗があるかもしれません。

しかし、開業当初の資金不足を補ってくれる大事な資金です。

この借入金はもちろん貯金ではなく、「元金」+「利息」を返済するものなので、

「売上」から「原価」を差し引いた「利益」から返済していくこと

を念頭に返済計画をしっかり考えて借りればよいと思います。

補助金

一方、補助金は返済の必要のない資金です。

公的なものから民間企業主幹のものまで様々なものがあります。

民間企業主幹のものは、NPOを対象としているのが多い印象です。

何点か注意事項を挙げてみました。

原則、後払い!

自己資金等で先に補てんすることになります。

特に高額な補助金をもらおうとしている場合要注意です。

補助金が支払われることが決まったら、金融機関に補助金と同程度の

金額の融資を申し込まれることも視野に入れたほうがいいかもしれません。

タイミングに気を付ける!

補助金の種類によりますが、応募前にすでに支払いを済ませていたりすると

応募要件に該当しない場合があります。

そして補助金の種類は毎年変わりますし(例年同じような補助金もあります。)、

今年あったのに来年は実施されない補助金もあります。

最近では「新規性」と「IT化」の2つのキーワードの補助金の募集が

多いように思われます。

「既存の事業の設備投資」に、又は「融資の運転資金の補てんに」などという資金は

補助金ではなく、融資に方向性をチェンジしたほうがいい場合もあります。

絶対にもらえるわけではない

中には例外もありますが基本的に申請さえすれば必ずもらえる、

というわけではないので要注意です。

結構、勘違いされている方が多いです。

助成金

会社が軌道に乗ってきて、

「一人で仕事がまわせなくなってきたから人を雇おう」

といった時に支払われる助成金などがあります。

これは厚生労働省が主管となっていて、

雇用主が申請をすることで、一定額のお金が支給されるといったものです。

この助成金も補助金と同様、タイミングや手続が厳格に決まっています。

詳しくは社労士の方にご相談ください。

まとめ

以上、簡単に概要を説明いたしました。

ご自身の事業である程度の資金が必要となったとき、

利用できる融資や補助金等、ご相談いただければご提案いたします。

資金調達にお困りの際はお気軽にお問合せください。

書いている人の紹介
naoyo

家族への想いを「遺言」や「エンディングノート」でカタチにするお手伝いをしています。東京都渋谷区代々木の30代女性行政書士です。
ブログでは業務関連のマジメな話から、全く関係ないゆるーい話まで。webに関しては素人ですが、ホームページもブログも自分で調べながら設定するのが好きで、失敗しつつもコツコツやっているのでその話も書いています。

naoyoをフォローする
◆業務関連の情報◇資金調達
カモミールレター