「エンディングノート作成への招待」無料プレゼント

実はたくさんある「遺言の日」と、「遺言」の読み方

◇終活/遺言

「遺言の日」という言葉を目にしたので、調べてみたところ、

4月15日、11月15日、1月5日も遺言の日!

弁護士会などの色々な団体・企業が語呂合わせで決めたようですね。

3日とも、「」と「」が入るのは共通です。

ところで「遺言」という言葉、なんと読んでいるでしょうか?

ゆいごん
いごん

どちらも間違っていません。

私はなるべく「ゆいごん」と言っていますが「いごん」と言ってしまう場合も。

法学部出身者や専門職は「いごん」と教わるので「いごん」と言いますが、一般的には「ゆいごん」の方がわかりますよね。

「1」と「5」の語呂合わせは「いごん」と読む前提ですね。

「ゆいごん」だとうまい語呂がないというのが一番の理由だと思います。

1年に3日も「遺言の日」があるので、その日に合わせて遺言を作成してみてはいかがでしょうか?

 

 

書いている人の紹介
naoyo

家族への想いを「遺言」や「エンディングノート」でカタチにするお手伝いをしています。東京都渋谷区代々木の30代女性行政書士です。
ブログでは業務関連のマジメな話から、全く関係ないゆるーい話まで。webに関しては素人ですが、ホームページもブログも自分で調べながら設定するのが好きで、失敗しつつもコツコツやっているのでその話も書いています。

naoyoをフォローする
◇終活/遺言◆業務関連の情報
カモミールレター