「エンディングノート作成への招待」無料プレゼント

自営業者の遺言のススメ―実体験から学んだこと―

◇終活/遺言

 

個人事業主として活躍されている経営者様、
ご自身に万が一のことがあったとき、
今の事業をどうされるか考えていらっしゃいますか?
「まだ自分は元気だから大丈夫!」と思っていらっしゃる方、
お元気な時だからこそ、
将来のためにも、家族のためにも、
今後の事を一緒に考えてみませんか?

なんで個人事業主は遺言が必要か?

遺言は必ず書く必要はありません。

私の父も亡くなっていますが遺言はありませんでした。
しかし、遺言があれば、家族の負担は減らせるはずです。

私の家の出来事

父の仕事と残さなかった遺言

私の父は個人事業を営んでおりましたが、60歳手前で亡くなっています。
病気を発症したのが50歳前半。
病気を発症した後では「遺言を残す」という気持ちになってくれるのは
なかなか難しいと思います。
「縁起でもない」
そう思ってしまうのでしょう。
遺言と「遺書」は全く異なるものですが世間的なイメージは残念ながら今でも根付いていますよね。
本人もまだこの先何十年も生きるつもりだったから残さなかったのか、
”遺書”なんて書きたくないと思っていたから書かなかったのか、今では分かりません。
とにかく、遺言がないまま亡くなりました。
すると、相続時にどういう事が起きたのか。

大変だった相続発生時の処理

私の家の場合は家族が事業を引き継ぐわけではなかったので、
お客様を同業者にお願いすることに。
母は業務に全く関与していなかったため、状況がほとんど分からない。
しかし家族がやらないとお客様に迷惑をかけることになります。
手さぐりで事業の引継ぎや事務所の片づけなどをする日々。
最終的には無事に終わったものの、家族はとても大変でした。
つまり、
①お客様に迷惑をかける可能性
②家族の残務処理も大変
それぞれのお仕事のやり方により、状況は異なります。
しかし、こういうことになる可能性もあります。
では、どのように対策をする必要があるのでしょうか。

まずはエンディングノートだけでも

エンディングノートという言葉に抵抗があるようなら業務引継ぎノートでも何でも構いません。
例えば…
取引のある金融機関を一覧表にしておく
お客様情報を周りの人が分かるようにしておく
事業内容により、残すべき情報は異なります。
家族や従業員の仕事への関わり方によっても変わってきます。

家族に何かあったとき、少しでも辛い気持ちを和らげることができたら…弊所では、家族の死を経験している終活カウンセラーが対応します。グリーフケアを取り入れ、大事な家族へメッセージを残すエンディングノート作成のお手伝いをさせていただいています。

エンディングノートの作成で終活のお手伝い―東京都渋谷区のカモミール行政書士事務所
大事な家族へメッセージを残すエンディングノート作成のお手伝いを、家族の死を経験している女性終活カウンセラーが対応いたします。

備えあれば…遺言も作成すれば一安心!

個人事業主の方の相続の場合、会社と異なり、事業用の財産はご家族の方に相続されます。
もし、家族の中の特定の方に事業を承継したいと考えていらっしゃる場合や
相続人以外の方に引継ぎをお考えの場合などには遺言を作成されるのがベストです。

定期的に再検討もしてくださいね

エンディングノートも遺言も、一度作ったらそれでよし!ではなく、
数年経つと状況も変わります。
定期的に再検討することがとても大事です。

最後に…

私の経験もお話させていただきましたが、
それぞれご家庭の事情も異なります。
  • 自分の事業は何を残しておくのが良いのだろう…
  • どうやって分ければ良いのだろう…
まずはご自身で考える機会を作ってみてください。
エンディングノートや遺言も作成することで、より安心してこれからの事業を継続出来ます。
そして、将来ご家族の方の負担が少しでも軽くなりますように…

「エンディングノート作成へのご招待」の【無料】プレゼントページ

以下のページでは、終活のはじめの一歩!「エンディングノート作成へのご招待」無料でダウンロードできます。終活初心者の方に向けた「終活の基礎」が学べる1冊です。
ご家族のエンディングノート作成へのきっかけになってくだされば幸いです。

「エンディングノート作成へのご招待」の【無料】プレゼントページ
カモミール行政書士事務所が提供する「エンディングノート作成へのご招待」【無料】プレゼントページです。

ご覧いただき、ありがとうございます

chamomile-letterをご覧いただき、ありがとうございます(^^)/

家族への想いを伝えることを重視している遺言・終活のサポートや相続手続きのサポートに力を入れている事務所です。

  

お問合せはこちら(ブログを見たとお伝えください)

カモミール行政書士事務所

書いている人の紹介
naoyo

家族への想いを「遺言」や「エンディングノート」でカタチにするお手伝いをしています。東京都渋谷区代々木の30代女性行政書士です。
ブログでは業務関連のマジメな話から、全く関係ないゆるーい話まで。webに関しては素人ですが、ホームページもブログも自分で調べながら設定するのが好きで、失敗しつつもコツコツやっているのでその話も書いています。

naoyoをフォローする
◇終活/遺言◇相続◆業務関連の情報
カモミールレター