「エンディングノート作成への招待」無料プレゼント

一部パソコン入力が可能に!自筆証書遺言に関する法改正

◇終活/遺言

2019年1月13日、法律の改正がありました。

これまでの自筆証書遺言

「全文」を「手書き」する必要があった

そもそも自筆証書遺言って何よ?

これまでの民法では、自筆証書遺言は「すべて」ご本人による「手書き」の必要がありました。

これが結構大変です。

今の時代、もう手書きで何か書類を作成することって少なくなりましたよね。

ある程度年齢を重ねていらっしゃる方ですと、まだ手書きに慣れていらっしゃる方の方が多いくらいですので、ご説明しても納得してくださいますが、やはり多少の違和感は残りますよね。

とはいえ、自筆証書遺言の性質上仕方のない部分も確かにあったのです。

それでも今回の改正で、だいぶ自筆証書遺言の作成も負担が減るのではないかと思います。

自筆証書遺言の改正点

財産目録はパソコンOK!

財産、特に不動産をお持ちの方ですと、遺言書を書く際には、登記通りに不動産の内容を記載します。不動産を何個もお持ちの方ですと更に大変。(正直、不動産を何個もお持ちの方には公正証書で作成されるのをお勧めしていますが、ひとまず置いておきます。)

このような不動産や銀行の口座を一覧にしたものを「財産目録」と言いいます。

ちなみにこれまでも、これからも、財産目録は作成せず、本文中にそれぞれ財産を書いても大丈夫です。(この場合は必ず財産の事も手書きです。)しかし、今回の改正によって財産目録はパソコン入力で出来るようになりましたので少しでも手書きの量を減らすためにも財産目録の作成をおすすめします。

パソコンで財産目録を作成した場合には、各ページに署名押印が必要になります。

そして、とっても大事なことですが!

財産目録以外はこれまでの通り手書きの必要がありますのでご注意ください。

財産目録の各ページに署名押印をお忘れなく!

 

「エンディングノート作成へのご招待」の【無料】プレゼントページ

以下のページでは、終活のはじめの一歩!「エンディングノート作成へのご招待」無料でダウンロードできます。終活初心者の方に向けた「終活の基礎」が学べる1冊です。
ご家族のエンディングノート作成へのきっかけになってくだされば幸いです。

「エンディングノート作成へのご招待」の【無料】プレゼントページ
カモミール行政書士事務所が提供する「エンディングノート作成へのご招待」【無料】プレゼントページです。

人気の記事

行政書士の知的資産業務と「著作権相談員」
プロフィール
自営業者の遺言のススメ―実体験から学んだこと―
エンディング産業展で学んだ最新の終活事情
小売業の資金繰りの事例と融資を受ける前に考えてほしいこと
書いている人の紹介
naoyo

家族への想いを「遺言」や「エンディングノート」でカタチにするお手伝いをしています。東京都渋谷区代々木の30代女性行政書士です。
ブログでは業務関連のマジメな話から、全く関係ないゆるーい話まで。webに関しては素人ですが、ホームページもブログも自分で調べながら設定するのが好きで、失敗しつつもコツコツやっているのでその話も書いています。

naoyoをフォローする
◇終活/遺言◆業務関連の情報
カモミールレター