「エンディングノート作成への招待」無料プレゼント

カフェ派から家派へ。仕事場所はほぼ自宅

◇私の考え

学生時代から、試験前の勉強場所は近所のカフェでした。

なんとなく、外に出たがりな性格だったのかもしれません。家でじっとしているのが苦手でした。

ものすごく静かな所より、ざわざわとしたところでやる方が自分には合っていたというのもあるのかも。もちろん、行政書士の資格を勉強しているときも、同じでした。

しかし、独立してからだいぶ変わりました。

圧倒的に自宅で仕事をすることが増えました。お客さまの打ち合わせなどがなく、一日パソコン作業の日はほぼ家にいます。事務所にすら行きません。

電話は転送設定していますし、パソコンやプリンターなどすべて自宅にそろえているので、事務所に行く必要性がないんです。

(なので突然の来客には対応できませんので事前にご連絡くださいませ!)

販売業など店舗を構えていらっしゃる方には信じられないかもしれませんが、こういう仕事のやり方は自分に合っていると改めて思います。好きな場所で働けるって大切だなと。

昔は家で勉強するとついつい家の掃除をしたりしてしまったのですが、だいぶ集中出来るようになりました。

とはいえ、たまにカフェにも行くこともあります。

スタバ、ベローチェ、最近ではほとんどのカフェでWi-Fiがあるので便利ですよね。

名古屋出身者なのでコメダも東京進出していて嬉しい限りです。

書いている人の紹介
naoyo

家族への想いを「遺言」や「エンディングノート」でカタチにするお手伝いをしています。東京都渋谷区代々木の30代女性行政書士です。
ブログでは業務関連のマジメな話から、全く関係ないゆるーい話まで。webに関しては素人ですが、ホームページもブログも自分で調べながら設定するのが好きで、失敗しつつもコツコツやっているのでその話も書いています。

naoyoをフォローする
◇私の考え◆雑記
カモミールレター