「エンディングノート作成への招待」無料プレゼント

行政書士の知的資産業務と「著作権相談員」

「著作権相談員」

先日、数か月前に登録した「著作権相談員」のカードが書士会から届きましたー!

一日研修と、ちょっとした試験があって何割以上じゃないと登録出来ない「著作権相談員」。

そんなに試験なんて難しくないだろうと勝手に思って気軽な気持ちで

研修を申し込んで受講してきたのですが、

意外と難しい試験だったと記憶しています。

そして、数か月前の研修でしたので、カードが届くことをすっかり忘れていたわけですが、

カードと共に知的資産に関する冊子も同封してありました。

ちょうどこの辺りの分野に関して調べものがあり、

ものすごいタイミングの良いときに分厚い資料をいただけ感謝です♪

著作権相談員になっておいてよかったーと思った今日の出来事でした。

行政書士の知的資産業務

さて、せっかくなので行政書士が関われる知的資産業務についてちょっとだけ触れたいと思います。

そもそも「知的資産」とは何でしょう?という話。

「知的財産」なら割とご存知の方が多いのでは。

著作権や特許権などです。

この「知的財産権」よりももう少し大きくした概念が「知的資産」です。

知的財産だけでなく、企業にいる人材、取引先などのネットワークなど

企業の隠れた強み・資産を明確化して今後に活かしていこうというものです。

融資にも繋がる

ちなみに、融資の考え方で「事業性評価融資」というものがあります。

これは、決算書や保証の有無だけで評価するのではなく、

企業の今後の成長可能性やビジョンなどで融資の判断をしようという制度です。

まとめ

第三者が入ることにより、

これまで気づかなかった経営課題や強みを発見でき、

経営力の強化を図ることができます。

ご活用を検討してみてください。

 

弊所では、創業融資のお手伝いもしております。(弊所サイトへ

私自身も日本政策金融公庫の創業融資を利用して創業いたしました。

創業融資の面談に挑戦!したときのこと。
私が体験した創業融資の面談での出来事。

お役に立てることがあれば幸いです。

書いている人の紹介
naoyo

家族への想いを「遺言」や「エンディングノート」でカタチにするお手伝いをしています。東京都渋谷区代々木の30代女性行政書士です。
ブログでは業務関連のマジメな話から、全く関係ないゆるーい話まで。webに関しては素人ですが、ホームページもブログも自分で調べながら設定するのが好きで、失敗しつつもコツコツやっているのでその話も書いています。

naoyoをフォローする
◇仕事のはなし
カモミールレター